a:57 t:1 y:0

日本蕎麦の消費と生産

日本で消費されている蕎麦粉の80%は海外からの輸入に頼っているのが現状です。
輸入国はダントツで中国が多いですが、アメリカやカナダからも蕎麦粉を輸入しています。
世界一の蕎麦生産国はロシアで、現地では主にパンケーキに使われます。
ちなみに中国とロシアだけで世界の蕎麦粉の65%を生産しています。
オーストラリアやフランスの他にもモンゴル、ブータン、南アフリカなど、世界約30カ国で蕎麦粉が生産、消費されています。
最近ではミャンマーやラオスなどでも蕎麦の栽培が行なわれています。
ソバの生産量は、2010年のFAO統計資料によると、世界で1,517661トンで、生産量の多い国は、中国(590,000トン)、ウクライナ(133,700トン)、米国(82,600トン)です。                 
ソバは年によって生産量が大きく増減しています。                
2009年の世界の生産量は1,794,095トンで、生産量の多い順に、中国(570,000トン)、ロシア(564,040トン)、ウクライナ(188,600トン)。                                                                   
2008年の世界の生産量は2,181,118トンで、ロシア(924,110トン)、中国(600,000トン),ウクライナ(240,600トン)でした。

写真をクリックすると大きくなります                          

ウクライナ蕎麦畑 チベットの蕎麦畑 ウクライナ蕎麦畑
A|57|T|1|Y|0|