a:136 t:1 y:0

世界の蕎麦料理

ソバを麺類に加工して食べる国には、フランス、イタリア、中国、朝鮮半島(北朝鮮・韓国)、ブータン、ネパールなどがあります。
ただし、麺にする方法は各国、地方で異なり、朝鮮半島の冷麺などのようにところてん式に
押し出して作る方法や、イタリアのピッツォッケリのようにのし棒で成形するなどがある。麺ではなく、団子状にしたり、腸詰めとしたり、また調理方法も茹でるのではなく焼いて食すものなどがある。

写真をクリックしたら大きくなります

ピッツオッケリー

イタリア

ピッツォッケリ(そばのパスタ) 
イタリア最北部のヴァルテッリーナの郷土料理。蕎麦粉が混合されたパスタ。日本の二八蕎麦とほぼ同じ生地で、見た目はきしめんに似る。チーズやバターのソースで和える
シャット そば粉の生地でチーズを包んで揚げた料理。

ガレット

フランス 

ガレット(そば粉入りのクレープ)
フランス・ブルターニュ地方の郷土料理。そば粉、ミルク、鶏卵、ビールを攪拌したものを、熱してバターを入れた平なべで焼く。

カーシャ

ロシア・ウクライナ・東欧諸国 

カーシャ そばの実のお粥。
ブリヌイ(そば粉入りのパンケーキ) ロシアとウクライナの料理。スメタナやキャビアをのせて食べる。

カンチャンパ

ネパール

カンチャンパ そば粉に塩と水を加えて練って短くのばした麺を油で揚げて食する。
ディロ そばがき様の料理で、カレーのたれなどで食する。
ロティ 無発酵の平たいパン。そば粉を使うものもある。

メミルムク

韓国・北朝鮮

冷麺 蕎麦粉を主原料とすることがある。
メミルムク 朝鮮半島の料理。蕎麦粉を水に浸けて取り出した澱粉で作った、くずもちに似た食品。  タレをつけて食べる他、和え物にする。

heiro

中国

ヘイロ 内モンゴル地方の押し出し蕎麦。具入りのスープをかけて食べる。
モルンチフ(猫の耳) 練った蕎麦を、ちぎって猫の耳ほどの大きさに伸ばして茹でた料理。     具入りのスープをかけて食べる。