日本蕎麦推進機構の組織

激動する世界情勢と日本国内の現状を鑑み、食の問題を考えますと今までのような食文化は到底持続するものではなく、大きな変革を余儀なくされると想定されます。
また、健康という問題に関しても昔から存在する食材で日本人に適した素晴らしいものが有ることも事実です。
更に、日本食が世界中で注目されている中で私たちは日本蕎麦の良さを世界に広げていきたいと考えています。
当機構は日本蕎麦に焦点を絞り、日本国内に限らず蕎麦の生産地にも蕎麦食や生産システムなどの普及促進を目的として、多くの方々が食することによる健康と同時に、有意義なビジネスが展開できるシステムを構築致しました。
専門的には蕎麦は中華そばなどと区別して日本蕎麦(NIHONSOBA)とも呼ばれて、ここでは蕎麦のことを日本蕎麦(NIHONSOBA)と強調します。今や外国では日本食が大変人気の中で、本物の日本食の蕎麦料理を外国の方でも職人を必要とせず、供給できるシステムを考えました。