世界の蕎麦料理

うどんと蕎麦の打ち方は粉の性質の違いにより自ずから製麺方法が違います。
ここでは従来の「うどん」「蕎麦」の製麺の仕方など説明と解決法をご覧ください。
うどんとそばの打ち方は粉の性質の違いにより、自ずから製麺方法が違います。

一般的なうどんの作り方

うどんは小麦粉という、摩訶不思議な粉で小麦粉に含まれているグルテンによって水、温度を生かし、練られることによってグルテンが網目状になり伸びたり、弾力性を持たせ独特の触感が生まれます。
画像をクリックで拡大します。
&show(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename);
うどんの作り方には機械打ち、手打ちがありますが、グルテンを活用することで、練ったあと板状にしても角が割れることなく、歩留よく刃物で切ることが出来、プツプツ切れたりしなく、伸びちじみする麺線ができます。
パスタやラーメンなども同じ製法になります。

一般的な蕎麦のツナギ

蕎麦粉はグルテンが存在しないので麺線にするには大変な労力やテクニックが必要になります。
十割蕎麦(NIHONSOBA)には必ず、ツナギが必要になります。

ツナギを使用しないと、いくら練り上げても、角や薄くなりすぎるとぶつぶつと切れてしまい、短い麺にしかなりません。
弱力者が作った十割蕎麦(NIHONSOBA)は短くて太いといわれる理由です。(十割蕎麦(NIHONSOBA)は力がいります)

一般的に蕎麦の場合は卵、やまいも、布海苔、ヤマゴボウ、ワラビ粉、ヨモギ、豆乳など各地によっていろいろ使われてきましたが、結局は小麦粉によるツナギの手法が普及してます。(二八、三七と呼ばれる)

いろいろなつなぎ
&show(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename);

そこで登場するのが「Mr.Noodler」です。

ツナギは水。
十割蕎麦(NIHONSOBA)製麺機 「Mr.NOODLER」 画像をクリックで拡大します。

#show(): File not found: "Noodler.png"

詳しくは「Mr.Noodler」の使い方でご案内します。

ここがすごい!

プロの蕎麦職人が舌を巻く
十割蕎麦(NIHONSOBA)が誰にでもすぐ打てる! 

操作手順 画像をクリックで拡大します。 
500gのそば粉と定量の水を準備し、電源を入れる。

#show(): File not found: "auto-SjinxY.png"

シャッター閉を確認後、水と粉を定量ホッパーに入れる。

#show(): File not found: "auto-doaL8Y.png"

約1分程度でシャッターを開くと数十秒後麺が押し出されて十割蕎麦(NIHONSOBA)が完成。

#show(): File not found: "auto-7xgje1.png"

後は適切な長さにて切れば、出来あがり!

#show(): File not found: "auto-1YMipz.png"

お店のコーナーに簡単設置

#show(): File not found: "auto-6dRmmd.jpg"

本体はA3サイズの設置スペースだけ。
 幅240mm幅250mm高さ680mm
100V 400Wの電源でどこでも製麺が可能です。
コンパクトで設置場所の移動も簡単。本体重量48kg

わずかな設備投資だから低コスト

小さい機械ですが、大きな仕事が出来ます。蕎麦の場合
  1時間で6kg 約55食分(1人前110g)がらくらく。
十割蕎麦(NIHONSOBA)に限れば、この機械で充分です。

毎日のおそうじがとても簡単!

&show(): File not found: "auto-LGzCNL.jpg" at page "世界の蕎麦料理"; &show(): File not found: "auto-J4a4Lt.jpg" at page "世界の蕎麦料理"; &show(): File not found: "auto-PRSV9N.jpg" at page "世界の蕎麦料理"; &show(): File not found: "auto-n8iFM3.jpg" at page "世界の蕎麦料理"; &show(): File not found: "auto-l8XBw9.jpg" at page "世界の蕎麦料理"; &show(): File not found: "auto-vJ5t52.jpg" at page "世界の蕎麦料理"; &show(): File not found: "auto-DHt595.jpg" at page "世界の蕎麦料理"; &show(): File not found: "auto-DGR6O5.jpg" at page "世界の蕎麦料理"; &show(): File not found: "auto-dhPKy6.jpg" at page "世界の蕎麦料理"; &show(): File not found: "auto-zqgJIg.jpg" at page "世界の蕎麦料理"; &show(): File not found: "auto-JgO3dj.jpg" at page "世界の蕎麦料理"; &show(): File not found: "auto-94O5Di.jpg" at page "世界の蕎麦料理"; &show(): File not found: "auto-JQQ6cm.jpg" at page "世界の蕎麦料理"; &show(): File not found: "auto-rgy22k.jpg" at page "世界の蕎麦料理";おそうじ完了

水回しこねのし切り花粉打ちがこれ一台
ワンモーターで全てが作動します。100V 400W
他の機械にはない花粉が麺に振りかけられます。
メンテナンスや厄介なお掃除がいとも簡単に。

麺の太さは3種類選択できます。特注製作も可能です。
極細麺:穴サイズ1.5mm*1.5mm 56個穴で手ではなかなか難しい細さです。
細 麺:穴サイズ1.5mm*1.9mm で標準的な太さです。 
乱切麺:穴サイズ1.5mm*1.5mmと1.5mm*2.5mmの乱きり風です。

「Mr.Noodler」の選りすぐった専用オリジナル蕎麦粉も準備しております。
専用オリジナル蕎麦粉 「信州」  10kg入り、2kg入り
専用オリジナル蕎麦粉 「北海道」 10kg入り、2kg入り
専用オリジナル蕎麦粉 「MIX」 10kg入り、2kg入り

水回し、のし、の時に極力空気に触れないで、加水は最小限で麺に出来ることで蕎麦の持ち味の風味、香り、味を大事にします。
直前のページへ戻る

十割蕎麦(NIHONSOBA)屋台 

画像をクリックで拡大します。

#show(): File not found: "auto-lSz7MC.png"

#show(): File not found: "auto-nnRwFf.png"

#show(): File not found: "auto-DRtsEY_1.png"

これはすごい!画期的!
すべての作業がこの一台の移動車でOK!
まさに打ち立て、茹がき立てを移動車内で可能にしました。
その場で十割蕎麦(NIHONSOBA)の製麺ができ、すぐに茹がいて食べれます。
木質ペレットで茹でることで、火力も強く、ガスや電気よりはるかにおいしく湯がけます。
公園や屋外イベントなど電源のない場所でもOK!夜も安心。
長持ちする特殊なバッテリーで照明も!
固定店舗のように高額な店舗設備費がいらない!
燃料は木質ペレットで燃費が安く、補充も簡単。
煩わしいプロパンガスなどの設置や補充が不要!
屋台の素材は香りもよく、上品で、長持ちするすべてヒノキ素材を使用!