A|53|T|1|Y|1|

画像の説明
はあなたの友活をお手伝いします
ようこそ!大人のカルチャーランド へ

お電話は☎06-000-0000

地方都市に溢れるシャッター商店街の起死回生策と高齢化に伴い、増え続ける孤立する高齢者の方々に楽しみと生きがいをお手伝いします。

シャッター街高齢化

高齢社会になるにつれて、楽しみや生きがいのある生活に対する関心が高まってきています。
これは、平均寿命が延び、定年退職を迎えた後に長い余生を過ごすことになるからでしょう。
健康面や経済面だけではなく精神面も老後における大切なテーマです。
何を生きがいと感じるかは人によって違いますが、旅行や趣味、習い事、地域活動やボランティア、子供や孫の成長など、楽しみや生きがいはさまざまな分野に見出すことができます。
楽しみや生きがいを見つけることは、定年退職後の生活をより豊かにする鍵となるでしょう。
反面、男性の場合、過去の友人とはなかなか会う機会もなく、子供も独立し、夫婦二人きり、あるいは一人ぼっちになってさみしい日々を送る日が多くなっていく人も多いようです。ダウンロード

●老後の楽しみ
趣味は、生活に潤いや楽しさを持たせてくれるものです。
楽しみや生きがいのある生涯を送るためには、趣味を持つことは欠かせないことでしょう。
趣味といっても、麻雀、囲碁、習字、園芸、俳句、旅行、釣り、スポーツ、料理、アウトドア、収集など数え切れないほどあります。
囲碁画像の説明$RNDXGAX

●そこで画像の説明
同じ趣味の方々との交流などを持つことにより、さらに楽しさが増し、趣味活動を通じて、生きがいや仲間づくりをお手伝いします。
大人のカルチャーランド へご連絡ください

お電話は☎06-000-0000

定年退職によって仕事を離れ、子育てや家族を養うという大きな役割終えることにより、存在感や生きがい感を失うことににもつなるといわれています。
そうならないためには、地域の人と積極的に交流したり、新しい人脈を築いておくなど積極的に社会との繋がりを求めることが大切です。
画像の説明$R3FDW6T$RYOV5NC

また、経験豊富なシニアには自分が今まで培ってきた知識や技能、経験などを若い人や地域の人に指導に回って社会に役立つこと、必要とされている自分があることを感じ、大きな満足に繋がり、活動することによって外出したり、体を動かしたりする機会も増えるので、精神的な面だけでなく、自分自身の健康にも大いに役立つと考えてます。
画像の説明

高齢化に伴い増え続ける孤立する高齢者たちと今後も増え続ける見込みの独居老人

画像の説明                    
2014年に総務省が発表した結果によると、日本における65歳以上の高齢者の数は、3296万と過去最高の数字を記録。いまや日本は全人口の26パーセントが高齢者となっています。さらに、一人暮らしをしている高齢者の数は年々増加の一途をたどり、「国勢調査(平成22年)」では65歳以上の高齢者のうち男性で10人に1人、女性で5人に1人が一人暮らしをしていることが明らかになっています。
$RIJKXFK

ひとり暮らしの高齢者の動向
一人暮らしをする高齢者、いわゆる“独居老人”は今後も増加すると見込まれており、2035年には高齢者のうち男性の16.3パーセント、女性の23.4パーセントが一人暮らしをすることになると推計されています。

年間孤独死者数の推移
東京都観察医務院が公表している東京23区内の孤立死者数は、平成15年時点で1441人だったのに対し、平成24年には2727人と倍増しています。今や他人事ではなくなった「孤独死」への危険と隣り合わせの高齢者が増えているなかで、どうして高齢者が社会から孤立してしまうのか、孤独死を迎えないためにできることは何なのかを考えてみましょう。

近所付き合いの程度
他人事とは言えない高齢者の社会からの孤立。普段から人と会話をしない、近所付き合いがない暮らしをしていれば、いざ何かに困ったときに頼れる人がいない状況になるのは不思議ではありません。

困ったときに頼れる人がいない高齢者の役割
パラサイトシングルの増加や、未婚者がそれほど珍しいことではなくなっている昨今。若い頃から地域社会との繋がりが薄い生活を送ったまま老後を迎えてしまう人や、経済的事情や健康面での問題から外出する機会が減り、ますます社会から孤立せざるを得ない高齢者が増えていくことが予想されます。
悲しい孤独死を迎えないために
孤立しない暮らしをするためには
少子化に伴い、高齢者を積極的に雇用し社会への参加を促すために、健康で意欲と能力がある限り働き続けられる社会づくりに国も乗り出しています。